これまで、ノワーレを使って肉割れの予防ができ、すでにできてしまった肉割れをケアできると述べてきました。

今回は、後者の「すでにできてしまった肉割れのケア」、つまり「肉割れを薄くする方法」について、より詳しく考察していきたいと思います。

現在の医療技術を駆使しても完全に消すことはできないと言われている肉割れですが、ケア次第では確実に薄くすることができます。そのためには、正しい知識を持つことが大切です。

肉割れには2種類ある!

肉割れの線を見ると、赤いものと白いものがあります。

赤いものは、できて時間が経っていない肉割れです。この場合、まだ組織が完全に完成していない状態で、これから定着し増加していこうとしている時期です。

まだ肉割れが赤い時期にケアをすると、肉割れの定着を防ぐことができて非常に効果的です。

しかし、この時期に多いのが「かゆみ」です。肉割れができる前~でき初めには、しばしばかゆみが生じます。

ここでかきむしってしまうと、肉割れの線がはっきりとできてしまいます。保湿を入念に行い、かゆみを鎮めましょう。

次に、白い肉割れです。この肉割れを薄くしたいと思い、手こずっている人が多いのではないでしょうか。

白い肉割れは、裂けた組織が肉割れとして定着し痕になってしまった状態です。こうなってしまうと消すのは不可能で、根気強いケアが必要です。

白い肉割れに最適なケア方法とは?

白く定着してしまった肉割れを薄くするのには、やはりノワーレのような肉割れ専用のケアクリームを使うのがベストです。

肉割れのアフターケアで重要になってくるのは、皮膚組織の再生を促すことです。

人間の皮膚は、上から表皮・真皮・皮下組織の順に3層を成しています。肉割れは2層目の真皮の断裂が原因なのです。

表皮は良く伸びるので問題はないのですが、真皮は伸縮性が弱いので、皮膚が伸びると裂けることがあります。この真皮の亀裂が、薄い表皮から透けて白く見えるのが肉割れです。

それはつまり、表皮を再生させれば目立たなくなるということです。そのためにはノワーレを使って、肌の生まれ変わりを手助けしましょう。

ノワーレの成分と高い保湿効果は、それに有効です。長期間続けることで表皮は確実に生まれ変わり、肉割れも目立ちにくくなります。

最近ではクリームを使ったケアだけでなく、医療機関で治療を受けることもできます。費用はかかりますが、相談してみるのも一つの方法ですね。

完全に消すことは不可能でも、確実に薄くなるとわかっていれば頑張れますよね。

根気強く向き合い、ケアしていきましょう。